MENU

バイトの面接に落ちてしまう理由は?

目次

アルバイトの面接で落ちてしまう人の特徴を知りたい!

「アルバイトの面接を受けてみたいけど、落とされないか心配」
「アルバイトの面接で落とされてしまってショック」


そんな悩みを持っている方におすすめの記事です。
バイトの面接で落ちてしまう理由をまるっとご紹介いたします!

アルバイトでも落ちてしまうことってある?

アルバイトの面接で落ちることはある

結論として、アルバイトでも面接に落ちてしまうことはあります。
人気バイトだと倍率が高く、採用率が数%程度ということもあるので、落ちることはもはや日常茶飯事です。
そのため、「アルバイトで落ちる」ということに対し、そこまでショックを受けたり、不安に思ったりする必要はありません。

アルバイトで落ちる理由は?

アルバイトの面接で落ちてしまう人の理由はいくつかありますので、代表的なものをご紹介します。

マナーを守れないと思われてしまう

例えば、入室した際の挨拶や、言葉遣い、遅刻などから、「マナーを知らない人」と思われてしまい、落とされるケースがあります。

面接は一緒に働く人を見極めるために行われるものですので、
「言葉遣いが乱暴で、敬語も上手に使えないのなら不安だ」
「面接でも遅刻してきたのだから、仕事をする際も時間にルーズなのかな」
と思われてしまうと、NGになってしまいます。

アルバイトの面接だからといってテキトーにこなそうと思うと、意外とこの点をみられてしまい、落とされることもあるので注意です。

コミュニケーションに難ありと思われてしまう

仕事にもよるのですが、基本的には人としっかりコミュニケーションをとって働くことが多いです。
そのため、面接時には、最低限のコミュニケーション能力が備わっているかチェックされます。

・話す時に、目をみることができる
・遮って話をしない
・言われたことに対し適切な受け返しができる


上記のような点をチェックされています。

面接では緊張していつも通り話せなくなってしまう、という人も多いですが、挙動不審にならないよう、最低限のコミュニケーション能力は見せられるよう、意識していきましょう。

働ける時間にミスマッチがある

これは応募者に問題があるわけではなく、純粋にお店側が求めるシフトと、応募者のシフトがあわない場合、どんなにいい人でも採用を見送られることがあります。

店側が土日に入って欲しいのに、応募者が平日しか入れない、となると採用することができません。
こればっかりは、対応のしようもないので、仕方ないことです。

志望度が低そうに思われる

せっかく採用してもすぐに辞められたら、育成コストばかり無駄にかかってしまうことになります。
そのため、あまり熱意がなさそうに思われた場合採用されない可能性があります。

例えば、何をする仕事なのかわかっていなかったり、なんとなくで応募したということを伝えてしまったりすると、危険だと思われます。

そのため、志望理由はあらかじめ整理しておき、働きたい理由は何か、どんな仕事を想定しているのか、ということを話せるように準備しておきましょう。

まとめ

応募したアルバイトで落ちてしまったらショックですよね。
ご紹介した落ちる理由を参考に、受かるための練習をしてみてください!
ただ、万が一落ちてしまったとしても、バイトは星の数ほどあるので、あまり落ち込みすぎず、次にいきましょうね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次